セルフバックとは?お金がない時に利用できる金策方法なのか?

セルフバックとは?お金がない時に利用できる金策方法なのか?

買いたいものがあるけれど、お金がいないということに悩んではいないでしょうか。

そんな方にオススメしたいのがセルフバック。お金を得ることができるだけでなく、商品を入手することもできます。

そうしたお金を手入れる手段としてあげられるセルフバックはどのような手順を得て行えるのでしょうか。

今回はセルフバックについて紹介します。

セルフバックとは

セルフバックとは自分のブログから指定の商品を購入し、同時にお金を得ることができる仕組みです。

別名「自己アフィリエイト」とも言われています。

通常のアフィリエイトの場合はASPを経由して契約した商品の広告をブログに貼り、ブログに来た視聴者が広告をクリックして商品を購入することで購入金額の一部がブロガーに入金されます。

そのため、ブロガーは自分のブログに貼った広告から商品を購入することはできません。

これに対してセルフバックは自分のサイトに貼った広告をクリックし、その商品を購入することができます。

さらに通常のアフィリエイトと同じく報酬も得ることができるようになっています。

商品だけでなく報酬も一緒に得ることができるのがセルフバックの特徴です。

企業側にもメリットがある

「ブロガーが商品や報酬の療法を得られると商品を販売している企業にはなんのメリットもないのでは」と思うかもしれませんが、実は商品を持つ企業側にもメリットがあります。

それは「商品の宣伝になる」ということです。テレビのCMなどがよい例なのですが、企業はテレビ局や広告代理店に対してお金を出してCMを作り視聴者の購買意欲を引き立てています。

セルフバックもそうした商品の宣伝活動の一つであり、ブロガーに商品および報酬を渡すことで、その商品の使い勝手やよいところを宣伝してもらい、高い売上を挙げられるようになります。

2つ目のメリットは「商品の売上にカウントされる」ということです。

「製造した商品がどれくらいの売上を達成したのか」を企業はとても大切にしています。

どんなに質が良い商品であっても売上が十分にないとその商品は絶版となってしまうからです。

そのため報酬と一緒に商品も渡して、それを売り上げにカウントすることもまた企業にとっては十分なメリットになるといえます。

セルフバックを利用する方法

商品を購入しつつ報酬が得られるセルフバックですがいくつか注意すべき点があります。

その1つは「入金にタイムラグがある」ということです。

アフィリエイトのサイトによっては、商品を購入してから入金が発生するまでに2カ月ほどかかったり、翌々月の15日まで待たなければいけなかったりなど、お金が手に入るまでにある程度のタイムラグが設けられていることがあります。

2つ目の注意点は「最低支払制度」が設けられている場合があることです。

最低支払制度とは?

最低支払制度とは広告を経由して発生した売上が、一定以上に達しないと報酬が支払われないという制度のことです。

セルフバックの報酬が高い商品は魅力的に見えますが、同時に最低支払制度も高くなっていることがあるので注意してください。

そのためブログを開設して間もない方は最低支払制度が低い商品を選ぶようにしたほうが無難です。

3つ目の注意点は「セルフバックは一回きり」ということです。

企業側がセルフバックを認めるのはブロガーに商品を渡して宣伝してもらうことになります。

同じ商品を何度も同じ方に渡すのは企業側にはなんのメリットもないため、大抵は一回きりとなっています。

気軽にお金を得ることに向いている

お金がない時でもセルフバックを使えば、自身のブログに設置した広告から商品を購入することで報酬を得ることができます。

特に複雑な手続きを必要としないことから気軽におこなえることができるのが特徴です。

ですが気軽さの分だけ入金までに時間がかかったり、1回しか適用されないなどのデメリットも存在しています。

セルフバックをするときはそうしたメリットデメリットを把握した上でおこなうようにしましょう。